京の肉

日本の全国各地には、黒毛和牛の産地がありますが、京都を産地とする黒毛和牛があって「京の肉」として高い評価を得ているのです。京都と言えば洗練された歴史の街をイメージしますが、古くから畜産業に力を入れていて、「京の肉」は、さすが食文化も一歩進んでいて、日本人にあった美味しい肉作りが盛んなのです。さらに歴史の街の京都は、古くから日本の文化の中心地ですが、牛肉の歴史は古く1310年に【国牛十図】という日本最古の和牛の書がかかれていて、その中で紹介されているのです。さらに「京の肉」の特徴ですが、生産者は長年に渡って美味しい肉つくりを考えてきただけあって、繊細な味わいを持っていて、舌触りは上品に仕上がっているのです。また「京の肉」には定義がありますが、その条件を満たしていないといけないのです。その第一としては銀種が黒毛和牛であって、さらに京都府内での生産が最も長くないといけないのです。そして食肉加工をした場所は、京都市の中央卸売市場第二市場に限られていて、日本食肉格付協会の枝肉格付としては、「A5、B-5及びA-4、B-4規格」でなければならないほど厳しい基準となっています。

コメントは受け付けていません。