松坂牛

三重県松阪市とその近くで肥育された黒毛和牛で高品質なのが、松阪牛(まつさかうし)です。今では日本三大和牛の一つとなっていて、いままでに全国各地から但馬牛などの高品質を誇る和牛の子牛を取り寄せて、上手に育てて生まれてきたのが松阪牛です。でも今の松阪牛として認定されものは、松阪地域で生産されたものは全て松阪牛と呼ばれますが、平成14年までは高級牛肉をすべて松阪牛と呼んでいた経緯があります。日本では本来、牛は農耕用として使われて飼われていたのですが、明治以降になって西洋文化の影響を受けて牛肉として食べられるようになっています。ですから、その当時は食肉用としては育てられていなくて、農耕用に使われた牛を食べていたのでした。でも、明治以降は食肉用として松坂牛を育てることが盛んになっていって、松阪牛は、昭和10年の『全国肉用牛畜産博覧会』で名誉賞を受賞した時から全国から多くの人の評価が高くなっていったのでした。そして今では松阪牛といえば、高い品質を誇るブランド牛ですが、日本食肉格付協会の枝肉格付けとしては、A-5とB-5以上でないと認められていません。

コメントは受け付けていません。