佐賀牛

九州・佐賀県では和牛の生産が盛んで、JAさがの佐賀県農業協同組合に属している和牛の飼育農家で生産される黒毛和牛のなかで、基準を満たした和牛が佐賀牛(さがぎゅう)と呼ばれています。そしてその品質ですが、超高級銘柄の牛肉を誇れる程に品質が優れていて、日本食肉格付協会の認定では、仙台牛に次いで全国2番目の高品質となっています。そして佐賀県といえば、JAがリードして和牛の飼育に力を注いでいるのですが、畜産販売課が窓口となって、品質アップを計っています。さらに佐賀牛の品質基準は(社)日本食肉格付協会が定めている肉質等級を「5」又は「4」以上と定められていますので、高い基準を合格しなければならないのです。さらに日本が誇る佐賀牛といえば、日本の伝統的和牛である但馬牛の血統を受け継いでいて、豊かな自然環境に恵まれている佐賀県ですから、配合飼料は独自な品質を考えて作られて飼育法も工夫がされています。佐賀では黒毛和牛の佐賀牛の生産が盛んですが、飼育農家で生産された品質の良い子牛は、生後30カ月もすると全国への出荷が開始されていくのです。

コメントは受け付けていません。