仙台牛

超高級ブランド牛肉に和牛の仙台牛(せんだいぎゅう)がありますが、牛肉の等級を示す基準としての肉質等級が、(社)日本食肉格付協会枝肉取引規格が「A-5」及び「B-5」に各付けされています。この名誉ある等級は、全国ではまれで他に追随をゆるさないくらいの品質を誇っています。さらに仙台牛は、和牛では高品質の黒毛和牛に限られていますが、仙台の牛生産飼料体系に基づいたもので育てられていて、適正な生産管理のもとで作られているのです。品質のチェックが厳しい仙台牛は、宮城県で出荷されるものはほんの僅かとなっていて、年間15,000頭も出荷される中では、約3割しか仙台牛として認められていない位です。さらに牛肉の品質を決めるものには霜降りの度合いと赤みがからんできますが、きめ細かい霜降りになっていて、厳しい基準に合った仙台の黒毛和牛だけが、仙台牛の称号を得られるのです。ちなみに仙台牛の生まれた歴史は、昭和6年に宮城県の畜産試験場が兵庫県から種牛を品種改良をして肉質の良い黒毛和牛を生産するために持ち込んだことからスタートしています。その後の改良として「茂重波号(しげしげなみごう)」いう優秀な種牛が、昭和49年に持ち込まれて、品質はさらにアップしていって、今の仙台牛に至っています。

コメントは受け付けていません。